トップページ > マージンコールとは?

マージンコールとは?

FX取引で、証拠金以上の損失を拡大させないために設けられているシステムの事を指します。般的には証拠金に対して50%以上の損失が出た場合に発生しますが、取引業者によって異なります。 例えば、10万円の証拠金でドル円を買ったとして、その後、円高となり、損失が-5万円を超えた時点でマージンコールが発生します。

その場合、前述したロスカットが起きるか、取引業者が証拠金の追加を要求してくるか、どちらかの対応が起こります。

マージンコールは基本FX取引業者から電話・メールで通知されます。

マージンコールが起きやすいようなレバレッジの高い業者を使用する場合は、安全運用の為、余裕を持った資金で取引する事をお勧めします。